医院ブログ

2020.07.05更新

1、抜歯が必要となる症例

 ・犬歯が遠心に傾斜している。

 ・前歯部が大きく舌則に傾いている。

 ・歯の大きな移動が必要である。

 ・大きな回転、圧下、挺出が必要である。

 ・患者様の協力度が低い。

2、乳歯列期、混合歯列期で、顎骨の成長発育や

  歯の萌出の正確な予測が出来ない症例。

3、骨格性の不正を有する症例。

 

マウスピース矯正では、対応できない症例もありますので、

担当医と相談して頂き、決めていくことになります。

歯並びで悩んでいる方、お気軽にどうぞご相談下さい。

投稿者: あいデンタルクリニック

  • 医院ブログ
  • エキテン