医院ブログ

2018.06.04更新

ペリオバスター

6月4日は、6(ム)と4(シ)の語呂合わせでムシ歯予防の日

と言われています。6/4~6/10は歯と口の健康週間です。

ムシ歯と歯周病予防に当院では、ペリオバスターNをオススメします。

本品は、天然成分エキス(アロエ、ヨモギ、人参、桧、海藻)により

抗菌力と安全性を保持し、口腔内細菌、真菌(カビ)、大腸菌、O-157

等を含め、効果の高い食品製品です。

 

アロエは、抗細菌作用や抗潰瘍作用、抗腫瘍作用を有します。

 

桧は、ヒノキチオールは抗菌力が強く、抗菌範囲が広く、歯周病に対する治療、

予防効果、口臭除去効果があると言われています。

 

ヨモギは止血、抗菌、消炎、鎮痛作用があると言われています。

 

人参は、代謝促進作用、血行促進作用などがあります。

 

海藻は、血圧低下作用、がん細動増殖抑制効果があります。

 

当院では、ご希望される方に、歯垢を採取して、位相差顕微鏡で口腔内細菌

を観察して、歯周病治療を行っております。

口腔内細菌の除菌、抗菌も行うなら アジスロマイシンとペリオバスターN

を併用して治療をしていく方が良いと考えております。

当院で販売しておりますので、お気軽にお尋ね下さいね。

 

 

 

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.05.27更新

TIPI

本日は、名古屋を拠点とするTIPIの勉強会に参加しました。

何人かの先生が、現在治療進行中のインプラント、歯周病治療症例

を持ち寄り、現在治療進行にあたり、治療についての疑問点、相談点を

参加の諸先生方の治療に対する意見などを聞き入れて、今後の治療方針に

取り入れて行かれると思います。自身の症例じゃなくても、勉強会を

通じてこのケースには、この様な考えのもと治療を進めていくなど、

非常に参考に成り、これからの自身の臨床に役立てばいいなと思います。

これrからも勉強会出席を、可能な限り続けて行きたいと思います。

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.05.13更新

歯科疾患と生活習慣病との関係が深いです。

虫歯➡糖質過剰摂取による高血糖、高GI食品の取り過ぎ(糖毒性)

   Ⅱ型糖尿病への移行リスクがあります。

重度歯周病➡炎症性物質がインスリンの働きを邪魔し糖質・脂質代謝阻害

    悪玉コレステロールとLPSが結合、歯周病菌が血管に入り菌血症。

奥歯喪失、欠損➡咀嚼機能低下から糖質偏重食(高カロリー低栄養食)

        食後血糖負荷総量増加・食後高血糖・内臓脂肪増加

        タンパク質低栄養➡骨格筋減少する。

 

歯科的介入が、糖尿病の予防、改善に繋がる理由

 う蝕予防・治療・・・遊離糖の摂取量を総摂取カロリーの5%以内に抑制

          ➡ 血糖・糖質代謝の改善に繋がる。

歯周病予防・治療・・・慢性持続性炎症消退

           インスリン抵抗性解錠

           糖質代謝改善➡ 血糖改善に繋がる。

補綴治療・・・糖質偏重食改善➡ 食後高血糖改善に繋がる。

 

生活習慣病予防から見た歯周病治療の意義

歯垢による慢性持続性炎症抑制➡インスリン抵抗性解錠から代謝を改善。

歯周炎から菌血症を予防➡血管内皮炎(動脈硬化症)を予防。

歯科治療が健康増進へ介入する事で生活習慣病予防に繋がるのです。

 

長い間歯垢、歯石を取らずの、古い歯垢がなぜ?体に悪い?と言われる訳は?

歯周ポケットから毎日、古い歯垢中の菌が血管に侵入

し血管壁を傷める事で、動脈硬化へ繋がります。

歯周病予防は、菌血症予防へ繋がります。

 

歯周病を治療・予防するにはまずは歯のクリーニングや歯石取りからです。

全身の病気とこれだけ関わり合いのある怖い歯周病、

悪くなる前にクリーニングに通っていただく事をオススメ致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.04.06更新

 バキューム

歯科治療でお口の中の金属や歯を削る、お口の外で被せ物(クラウン)

詰め物(インレー)、入れ歯などの調整.、金属やセラミック

入れ歯や仮歯のブラスチックを削った時に大量の切削粉塵や、

注水噴霧が発生しています。

通常の口腔内に入れるバキュームと呼ばれる吸引機だけでは、口腔内の水

や唾液を吸うだけで全然間に合っていないのです。

当院ではこうした粉塵が診療室中に広がってしまわない様に4月から

口腔外バキュームを設置しました。

口腔外バキュームは治療中やお口の外で出る切削粉塵、注水噴霧をより高い

レベルで吸い取る事が可能ですので、よりクリーンな診療室の環境を実現する

事が出来、それによって目に見えない菌を素早く吸引、飛沫感染を防ぐ事が

出来ますので院内感染の防止が出来る機器です。

まだまだ歯科医院への普及率は低いのですが、働くスタッフだけでなく

来院される患者様によりクリーンな環境で診療出来る様に導入しました。

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.03.25更新

会合

本日3/25はTIPIの今年2回目の例会で、大阪開催にも

関わらず、勉強熱心な先生方が、東海地方からも沢山来て

いました。

(株)デンテックインターナショナルのDTの方からの

インプラント技工の話や、会員症例相談、会員発表やTIPIの

代表の講義があり、非常に有意義な時間であったと思います。

これからの臨床に役立てたいと思います。

 桜

例会からの帰りに、リッツカールトン大阪の前を通った

時に桜が満開状態だったので撮影をしました。

大阪では観測史上最速で、例年より10日早い満開だそうです。

皆さん早く花見に行って下さい。

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.03.18更新

術前    

術後

LEDとはLight=光る、Emitting=出す、Diode=ダイオード

のそれぞれ3つの頭文字を略した物で発光ダイオードとも呼ばれています。

15年間吊り下げ式蛍光灯で、診療室を照らして来ました。

天井から吊り下げられた照明は、盆休みと正月休み前の大掃除の

時は照明の掃除が、とてもやりずらかった事を、覚えています。

開業時に診療室が天井高だったので、照明の光を届かすのに、吊り下げ

式照明を採用した事を、思い出します。

先月に空調設備を交換する際に、LED照明交換の話が出たので、

平成30年3月18日に、診療室と待合室の照明を、LEDに交換しました。

LEDは白熱灯、蛍光灯に比べて長寿命な事、高輝度で、低温で発光効率

が低下しなく、省エネで、熱線、紫外線もほとんど含まないので、

診療室環境への配慮にも、とても貢献してくれると思われたので、

思い切って交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.02.25更新

2018年2月24日、25日に2日間かけて院内の冷暖房を交換

しました。15年間ガス空調で冷暖房をしていましたが

待合室と診療室をダイキンの天井埋込カセットタイプに

交換しました。センシング機能付きで、人検知センサーと床温度センサー

付きで、人の在否を検知、床の温度を検知して

気流や風向きを、コントロールしてくれるので、

患者さんの診療中も、快適にしてくれる事間違いありません。

さらに高速ストリーマ除菌ユニットも、付いています。

ストリーマ技術は、院内のウイルス、細菌、カビ、アレル物質、花粉

なども除去をしてくれるので、とても快適に患者さんに治療を、

受けて頂けると思います。

これからも地域医療に貢献出来る様に、日々精進、努力し、

スタッフ一同頑張って行きたいと思っております。

これからもあいデンタルクリニックを宜しくお願い致します。

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.02.18更新

メダル

平成30年2月18日に桜橋ボウルで、区長杯ボウリング大会がありました。

昨年は団体戦で準優勝でしたので、今年はリベンジしたいと思います。

AM8時30分より団体戦があり、職域の部と連合の部に分かれて優勝カップ

を目指して戦いました。

団体戦は1チーム3人で3ゲーム投げて9ゲームトータルで争いました。

鷺洲連合で参加して1ゲーム目は、レーンコンディションを模索しながら

の投球なので、170~185点と皆さん、本来の実力が出せなかったようです。

2ゲーム、3ゲームは3人ともレーンコンディションが、解ったので210点越えを

記録した結果、3ゲームで609点、609点、608点と9ゲーム合計1826点

で見事連合の部で優勝する事が出来ました。

団体戦は1人だけが,成績が良くても勝てないので.チームワークが

大事だと思います。本当に有難う御座いました。

来年も鷺洲連合の皆さん、連覇目指して頑張って行きましょう。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.01.21更新

勉強会

本日は、名古屋を拠点とする東海インプラント歯周病研究会の

勉強会に参加しました。

何人かの先生が、現在治療進行中のインプラント、歯周病治療症例

を持ちより、沢山の先生方の治療方針があり、治療に対する意見も

個々にあります。同じ症例でも、抜歯しないで治療を進めると言う先生

抜歯と言う考えの先生もおり、その先生の今までの治療経験に

より考えが違うのでしょう。

それぞれの先生方の臨床経験により、考え方も非常に違いがあり

非常に参考に成りました。

これからの臨床に役立てばいいなと思います。

当院では極力抜歯はせずに、治療を進める方針を取っています。

今年も、勉強会出席を、可能な限り続けたいと思います。

 

 

投稿者: あいデンタルクリニック

2018.01.16更新

練和器

本日より当院に印象材自動練和器が仲間入りしました。

歯科業界初の1台の練和器でアルジネート印象にもシリコーン印象

にも使用可能な優れ者です。

器械が練るので、滑沢な印象表面性状で、気泡が少なく、均一な練和

ができ、練和、盛り付けに30秒と、従来の手練りより60秒も

短縮が可能と成ります。

手練りでは、印象表面に気泡が混入しやすいので、印象エラーもでますが

器械練和では、気泡が少なく、均一な練和が可能となるので、再印象、

再製のリスクも低減出来ると考えております。

より精密な印象が要求されるケースでは、シリコーン印象に活躍して

もらいます。保険診療でも、より質の高い補綴物が、皆様に提供出来る様

頑張って行きたいと思います。

投稿者: あいデンタルクリニック

前へ
  • 医院ブログ
  • エキテン