小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは、お子様に対して病気の治療・予防を行う診療科目です。保護者の方の中には、「乳歯は生え変わるので、虫歯は放っておいても大丈夫」とお考えになっている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。乳歯の虫歯は永久歯に対して、様々な影響をおよぼします。また、小さなお子様のうちから歯科クリニックに通わせてあげることは、その子のデンタルIQ(歯の知識)を高める意味でも、「定期的に歯科クリニックに通う」という習慣を付けさせてあげる意味でも効果的です。乳歯に虫歯がある場合はもちろんのこと、病気にかかっていなくても、大切なお子様の歯を病気から守るために、是非定期検診を受けさせてあげるようにしてください。

お子様を診る時の心がけ~無理矢理押さえつけたりはしません~

大人でも、歯科クリニックでの治療に恐怖心を持つ方がいます。これが小さなお子様となると、なおさらです。お子様によっては治療を怖がるあまり、チェアに座ることもできない場合もあります。そうした場合でも、当クリニックでは決して無理矢理治療したりはしません。嫌がるお子様を押さえつけて無理矢理治療したりすると、その子にトラウマを植え付けてしまい、将来「歯医者に通えない大人」にしてしまう可能性があります。なので、お子様の状態に合わせて、「お母様のお膝の上に乗ってチェアに座る」「お口を開ける練習」など、適切な段階を踏んでゆっくり優しく治療を進めていくようにしています。

お子様の歯を病気から守るために~保護者の方へのメッセージ~

お子様の歯を病気から守るために大切なこと。それは、保護者の方による仕上げ磨き、フッ素入り歯磨き剤によるブラッシングなど、ご自宅で適切なケアを行うことと、歯科クリニックで定期検診を受けられることです。当クリニックに定期的にご来院頂き、4ヶ月に1回程度の頻度でフッ素塗布を受けて頂ければ、高い確率でお子様の歯を虫歯から守ることができるようになります。

小児歯科メニュー

フッ素塗布

定期的にフッ素を塗布することで、歯質を強化し、虫歯にかかりにくくします。4ヶ月に1回程度の頻度で受けて頂くことで、より効果的に歯を虫歯から守ることができるようになります。

フッ素洗口

虫歯予防に高い効果を発揮するフッ素入りのうがい液でうがいすることで、歯を虫歯から守ります。うがい液だけでなく、フッ素入りの歯磨き剤を併用することで、より効果を高めることが可能です。

ブラッシング指導

お子様の歯の状態に合わせて、適切なブラッシング方法や、歯ブラシの選び方などをアドバイスさせて頂きます。あわせて、保護者の方に仕上げ磨きの方法などもアドバイスさせて頂きます。

定期検診

お子様のお口の中の状態を定期的にチェックすることで、病気の有無を確認するとともに、お口の中を清潔に保つためのアドバイスなどをさせて頂きます。また、小さなお子様のうちから定期検診に通うことは、「歯が悪くなくても歯医者に通う」という習慣付けにも繋がり、大人になってからも歯を病気から守ることができるようになります。

  • 医院ブログ
  • エキテン
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC